ニュース&トピックス

ENGLISH

新着情報

2018年

2018年05月29日

日本整形外科学会学術総会のバスケットボール大会で連覇達成!

5月24日―27日神戸で開催された日本整形外科学会学術総会のバスケットボール大会(3 on 3)で、慶應義塾大学整形外科が連覇を果たしました。

試合結果
第1試合 慶應義塾大学 18 - 14 九州大学
第2試合 慶應義塾大学 20 - 15 岡山大学
第3試合 慶應義塾大学 23 - 16 東海大学
第4試合 慶應義塾大学 28 - 21 福岡大学 
準決勝  慶應義塾大学 20 - 20 秋田大学
  (延長サドンデスフリースロー 2-1)
決勝   慶應義塾大学 38 - 36 神戸大学

毎朝6時から試合が行われ、最終日には松本・中村両教授も応援にかけつけてくれました。
準決勝では宿敵の秋田大学と対決。逆転につぐ逆転劇で、最後は味方が外したシュートを山下がブザービートのタップでねじ込み同点とした後、サドンデスのフリースローで競り勝つことができました。決勝戦では地元の神戸大学を相手に、残り30秒で神戸大の連続3Pが決まり同点となりましたが、エースの丸岩が残り5秒で逆転シュートを放ち、劇的な逆転勝利。優勝を勝ち取りました。
今年はどの大学も一段とレベルアップしてきましたが、エースの丸岩だけでなく、新人の前島や加藤などが大活躍し、慶應も若返りとブラッシュアップがなされ、連覇を達成することができました。慶應義塾大学整形外科が、文武両道であることを立証できたことは、教室員の誇りです。

慶應義塾大学整形外科バスケットボールチームと松本・中村両教授

慶應義塾大学整形外科バスケットボールチームと松本・中村両教授


  • 一覧に戻る

PAGETOP